Googleアドセンスを攻略する!


「2ちゃんねる」に書かれている噂をまとめました。信じるか信じないかはあなた次第です。

トップへ戻る⇒Googleアドセンスを攻略する

 2chの噂〜規約編〜 







バナーは1ページ1つまで

  • バナーは1ページに1個までです。
  • 【Googleからの確認メール】
    ご連絡いただいた URL を確認させていただいたところ、競合する広告という点では問題は見つかりませんでしたが、現在お客様のページでは複数のアドワーズ広告ユニットを掲載されているようです。

    基本的には、Google の重複掲載 (1 ページに同一の広告を2つ以上掲載すること)>に関するポリシーは、最新の利用規約に更新される以前のものから変更はありません。現在は、1ページに広告ユニットを 2つ以上掲載した場合、重複掲載を防ぐ手段がないため、サイト運営者様には1 ページにつき AdSense 用広告コードを 1 コピー (1つの広告ユニット)>だけ配置していただくことができます。このたびの広告の配置に関するポリシーへのアップデートは、今後、新しい機能を紹介させていただくために追加されたものです。重複掲載を防止しながら1ページに複数の広告ユニットを掲載できる機能を追加した際には、必ず電子メールにてお知らせさせていただきます。それまでは、お客様のサイトで1 ページにつき 1つだけの広告ユニットを配置してください。ご理解およびご協力のほどよろしくお願いいたします。

    Google チーム
  • 私の知り合いでAdSenseを1ページに2ヶ所設置しGoogleからアカウント停止の通告が来た方がいます実は私も規約を自分の都合よくとらえて当初は1ページに2ヶ所設置していましたが上記の事実を聞き今は1ページに1ヶ所に留めています。
  • 結果論ですがクリック率が0.5から2〜3に上りました。訪問者の立場になって考えれば気付く事なんですがね。1ページに多く貼っても効果が薄いのは事実でしょう

掲示板やblogなどの動的なページへの掲載
  • googleにcgi、phpなどの動的ページに広告をおいても良いかメールで質問したよ。

    返ってきた答えは、googleのシステムは余りにも素晴らしいからcgiとかphpなどのページに設置しても問題ないという画期的なものらしい。なんだかそんな趣旨の自慢メールが返ってきた。だからcgiとかphpに設置するのは問題なし。

自己クリックによる警告・アカウント停止削除
  • 【警告メール】
    こんにちは***、それは、無効のクリックが生成された私たちの注意に来ました あなたのウェブ・ページ上の広告。注意として、無効のクリックを生成するどんな方法も厳密に禁止されます。無効のクリックは含んでいるが、ロボットの使用を通じて生成されるすべてのクリックに制限されていません、クリックするツールを自動化した、マニュアルは出版者の自己のウェブ・ページの出版者、あるいは彼の広告をクリックするように他のものを促進する出版者によってクリックします。目的をテストするためのウェブ・ページ上の広告をクリックしている場合は、広告主コストのインフレの可能性により、自分の広告をクリックするか任意の理由のためにそうするように他のものを促進することが禁止されることに注意してください。私たちのAdWords専門家が、それらがGoogleの広告する標準を満たすことを保証するために私たちの広告をすべて調査するので、あなたのサイト上の広告をテストする必要がないことを保証されてください
  • 冗談抜きでアカウント停止くらいました。。 無効なクリックが生成されたかららしいです。Ads by Google押そうとしてずれてクリックしたことは何回かあったのですが。。貯まっていた数千$払ってくれないのでしょうか。。
  • 警告メールは間違えて沢山自己クリしちゃった人に送ってるんだな…
  • 恐らく違反クリック数x単価の被害総額が大きい順に警告や削除といった対応が取られる。
  • 別に何回もやってなきゃばれない。なんたって、あのドデカ広告枠なら一気に4つ広告が表示されるわけだから。 興味を持ったあるユーザが4種類ともクリックする可能性は充分ある。そうすりゃ、同じユーザが4回クリックしたとグーグルコンピュータは認識するわけさ。それでアカウント削除なんてありえないだろ?まぁ自己クリはやっちゃいけないけどね。
  • Adwordsの支払い明細確認したら「調整額」で百数十円マイナスされてるんだけど、これがアカウント削除分なのかな。
  • たった今アカウント削除メールがきた(TεT)事後報告なんてひどいよね、丸二日くらい経ってからメールよこすなんてね。自己クリックが確認されたため、とか言うんですよ。一回もそんなのしたことないし、pv300,000くらいに対しクリック率は0.01%で毎日ほとんど上下無かったのに。
  • 【アカウント停止メール】
    Googleでは、お客様のアカウントを無効にさせていただく措置は、お客様のサイトでこれ以上無効なクリックが発生しないために必要な措置であると考えております。

    無効なクリックの監視システムは Google専有のシステムですので、残念ながら無効なクリックに関する詳細を公開することはできません。お客様からのお問い合わせに基づいて、アカウントを慎重に審査いたしましたが、お客様のサイトの広告で無効なクリックが発生していることが再度確認されました。お客様側では無効なクリックを行っておられないとのことですが、Googleのプログラムポリシーに記載しておりますとおり、お客様のサイトでの無効なクリックから広告主を保護する必要がありますので、アカウントを無効とさせていただきました。

    Google のプログラム利用規約に記載しておりますとおり、Googleでは、どのような場合でもサイト運営者様のご利用を停止させていただく権限を有しております。

    ご理解のほどよろしくお願いいたします。

    Google チーム

    ※事前に連絡は一切無し。調整などもせず、規約に則った健全なページに指定されたタグをそのまま貼っていただけ。
    googleからも「不正なクリック」以外に問題点は指摘されていない。
    ※自己クリック一度も無し。
    ※未払い分数十万円。
    ※SEOなどの小細工もしたことはなし。
    ※クリック率は良くて0.03%程度。
  • 本人がクリックしなくても勝手にクリックしているのと同じ挙動をみせるプログラムたち

    Norton Antivirusの広告ブロック
    googleツールバーの広告ブロック
    驚速ADSL、webfetchなど先読み系ブラウジング加速ソフト

    これらはその性格上、リンク先にあるものを勝手に読み込むので本人はクリックしていなくてもそのページを表示するたびにクリックしたのと同じ反応が検出される。
  • アカウント削除に関して怪しいのは額と内容と俺は見る。俺が試した結果なので参考にどうぞ。
    建築関係のサイト←300クリック(いまだ広告OK)
    ファッションデザイナーのサイト←300クリック(いまだ広告OK)
    旅行コラムのサイト←300クリック(いまだ広告OK)
    どのサイトも友人で、1日1000HIT〜6000HITくらい。
    こんな言い方も変だけど、広告主が広告出す意味あるようなサイトだったら、別に心配しなくていいんじゃない?俺のサイトは、クリック率10%くらいだけどちゃんと支払ってもらってる。 」

最適化(SEO対策)しすぎでアカウント削除。
  • 自己クリックにはアカウント停止するまえに警告メールが送られてくるはずだけど、それがなくいきなりアカウント停止ということがある。
  • 先日晴れてアカウント削除されました。
    まずADユニットは何も表示されない状態となり、ログインしようとするとアカウントがありませんと出るように。
    その後暫くしてからあぼんしましたとのメールが来ました。

    自分のサイトはクリックを制御するアドセンス専用のスクリプトを埋め込んでいたんですが、実はそれを導入した直後に同プロキシから15クリック(当初に設定した限界数)もカウントされたんでその時すでにもうだめ・・かなとは思っておりました。

    ただそれ以上に、やはり行き過ぎた最適化があぼんの直接の原因となったような気がします。ウチのサイトは普通にやってれば80ドル/day程度が平均的な収入なのですが、最近では諸々の工夫により400ドル程度をコンスタントに毎日稼げるようになっていました。

    海外のフォーラムでもInvalid Clicks Mailは過剰な最適化が施されているサイトもターゲットになるという話もちらほらとあったんですが、今回のあぼんでこの説にかなり信憑性が出てきました。まぁ、それなら何故未だにポリシーにこの事が禁止条項として書かれないのかやや疑問ですが…。
  • スクリプトの解析も、高クリック単価ばかりを狙うページ最適化も、どちらも自動でかなりのところまで調べられるでしょう、相手はGoogleですし。
  • 規約には載ってないが単価上げはアカウント削除の重要な判断材料だと思っておいた方がいいよ。
  • 自己クリックの場合には警告メールが送られて来る。
    しかし、抽象的な「不正クリック」による突然のアカウント停止の場合には事前の警告も説明もなされない。

    それはおそらくスポンサー等からの密告によるものだからじゃないのかな。密告者の保護のため、アカウント停止の具体的理由を言えなくなる。つまり「貴方様のクリック誘導行為をスポンサーから報告がありましたのでアカウントを停止させていただきます。」とは説明できないんじゃないのかな。

    スポンサー(密告者)を特定するのは簡単だからね。
  • 自己クリックはgoogleと本人にしか判らないこと。だから、事前に警告メールで知らせてくる。そしてスポンサーに与えた損害は、その分を差し引けば済む。しかし、「誘導による不正行為クリック」は、損害部分が不明確。したがって全てのクリックが不正とみなされる。つまりアカウント停止にするしかない。

複数サイトへの広告掲載
  • ポリシーに従っているならば複数のサイトに貼り付けても問題ない。広告を表示するすべてのページは監視対象となり、ポリシーに違反したページに貼り付けられてるのを確認した場合、該当ページからからコードを削除するよう連絡する。
  • www.○○○.com というサイトが審査を通過すれば、自分のサイトであれば、www.×××.com とか www.xxx.com/~userID/ とか別のサイトにも貼ってもいい。ただし、2つめのサイトが google の基準に合わなければ、警告がくる(らしい)。 2つめのサイトは、ドメインを取得していなくてもOKです。
  • 違反サイトにタグを貼る事によって即アカウント削除になる事はない。

    Googleは貼ってみるだけなら違反している恐れがあるサイトに貼っても良いと答えてるくらいで、違反の場合は暫くしてから丁重にお断りのメールが来るからその時に外せばいいし、勝手に貼られたんだったらその旨を説明すればいい。
  • バリュクリも結局、「開いたときに見える位置にはること」を満たさなくても大丈夫のようなんで、

    1.バリュクリを限界までフットにはる
    2.googleを中央orスカイでおく
    3.リンクとしてバリュコマを散らす

    がべストでしょうか。






SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO